骨密度検査について

​当院はDEXA(デキサ)法を用いた

正確な骨密度測定を行っています。

DEXA法とは、微量なX線をあてて正確な骨密度を測定する、検査方法です。

この方法は超音波検査のように手の骨で測定するのではなく、骨折の好発部位である腰の骨と太ももの骨を直接測定し、

より重要で正確な診断をすることができます。

​骨粗しょう症など早期に発見し治療していくことが大切です。

22986646.jpg

​骨粗しょう症について

骨粗鬆症は骨の強度が下がり骨折しやすくなる病気です。

​転倒や、くしゃみなどで骨折するリスクが高まります。

骨粗鬆症になっても、痛みなどの自覚症状はありません。

骨密度は50歳近くから減少します。

特に女性は閉経を機に骨密度が急激に減少します。

age_01.png

検査方法

fig_alphys_lf_14.jpg
fig_alphys_lf_13.jpg

寝た状態で検査をします。5​~10分ほどで終了します。

fig_alphys_lf_12.jpg

​検査後は「骨密度検査結果シート」で

​今の骨密度を分かりやすく説明します。

費用について

1割負担:450円

​3割負担:1.350円

※検査費用のみ

​ 別途診察代がかかります。

​詳しくは職員にお尋ねください!